発達障害者の徒然日記

発達障害を抱える20代の男の徒然日記です。

これからの日本を良くしていくのは

ライト兄弟は、「どうせ無理」という言葉に負けず、何度も挑戦して、人類初の航空機を実現しました。皆さんもこれからの人生で、失敗は避けられないものです。人によっては何度も、何度も失敗することもあるでしょう。

しかし、重要なのはそこから立ち上がることです。失敗から学べば、さらに素晴らしい。

やったことない人がやらない言い訳を教えてくれることもありますが、できない理由を見つけるのは簡単です。

一方で、できる理由を考えることは難しい課題です。これから進めるべきことは、できない理由を見つけるのではなく、できる理由を考えることです。これからの日本を良くしていくのは諦めない人、工夫する人、新しいことに挑戦する人です。

アメリカのウォルト・ディズニーは会社を解雇され、その後創業しましたが、倒産も経験しました。その経験を生かして彼は大成功を収めました。

これがアメリカ社会の素晴らしいところです。挑戦する人がいて初めて何度も挑戦できる社会に、日本は変わっていくでしょう。

高いハードルに向き合うと、人は弱い部分が浮き彫りになります。自分の弱さを知り、それを乗り越えれば強くなれます。弱さや課題と向き合い、対策を立てることで、できなかったことができるようになり、人は成長していきます。人生は私たち自身の壮大なドラマであり、反省と挑戦が繰り返されるプロセスです。

AC(アダルトチルドレン)の問題

人は女性として生まれるのではない、女性になるのだbyボーヴォワール

有名なTwitter上のインフルエンサーの砂鉄氏のツイート

f:id:tanakh321:20231216201714j:image
f:id:tanakh321:20231216201724j:image
f:id:tanakh321:20231216201720j:image
f:id:tanakh321:20231216201717j:image

思春期は今や「10歳から24歳まで」=豪研究
https://www.bbc.com/japanese/42742814.amp

これは哲学者ボーヴォワールの言葉だが、男性にも同じことが言える。

人は男に生まれるわけではなく、男になるのだ。

自分はこれまでADHDだけでなく、AC(アダルトチルドレン)の問題も併発して悩んでいたと考えられる。今回、25歳でこれらの課題を乗り越えることができたと思う。ギリギリのタイミングで大人になれたと感じる。人間の性には、先天的なオスとメスがあるが、後天的な男性と女性も存在する。。機能不全家族や第二次性徴期での男性的な大人の服装や女性的な大人の服装を阻害されると、大人になることが難しくなる。今回、これらの問題を克服できたことは大きな財産だと感じる。

ただ、発達障害(ADHD)の問題は先天的なものでこれからも向き合う必要があると感じる。

哲学なき者には、、

哲学を学ぶことに意味がないというのは、果たして本当なのだろうか?

私は哲学を学ぶことが非常に重要であり、深い意味を持つと考える。

哲学は人間の思考や価値観に深く関わり、抽象的な問いかけを通じて人生の本質に迫る手段である。このような思考法は、個々の意思決定や行動において洞察を与え、より豊かな人間関係を築く上で役立つと信じている。

東大のあるエリートがハーバード大学の入試を受けた。筆記試験は満点だった。願書にbeliveという項目があった。そこにNothingと書いた。 結果は落とされた。ハーバード大学の解答は「哲学なきものには、我が校で学ぶ資格なし。哲学なきものには我が校で学んで得られるものはない。」とのことだった。

このような観点から見ると、哲学を学ぶことは人生において不可欠であり、深い洞察をもたらすと再び強調する。哲学的な考え方は個人の成長や社会への貢献において重要な役割を果たすことが期待される。

「真のプロフェッショナル: 技量だけでなく、仕事への強い覚悟」

プロフェッショナルは単に技量や経験だけでなく、仕事に対する強い覚悟が不可欠である。

なぜなら、仕事において成功を収めるためには、単なるスキルや経験だけでは不十分であり、逆境に立ち向かい、責任を果たす覚悟が求められるからである。

成功率が数パーセントと低い難しい手術を引き受けた心臓外科医がいた。患者の家族は緊急を要する状況でありながら、「先生、お願いです。助けてください」と懇願しました。この時、家族の質問が成功率や生存確率に焦点を当てるのではなく、むしろ医師に対する強い信頼と覚悟を問うものであったことが明らかである。名医は自らの技量と経験に自信をもちながら、「お任せください」と堂々と答えた。

このエピソードはプロフェッショナルには強い覚悟が欠かせないことを示唆している。

仕事において真のプロフェッショナルは、難局に果敢に立ち向かいながらも、信頼と覚悟を備えているべきであると言える。

目に見えないものを見ることの重要性

  あなたは、目に見えるものやデータやエビデンスがすべてだと思っていませんか?あなたは、目に見えないものや価値や感情は無視できると思っていませんか?あなたは、証拠や根拠、データがあれば何でもかんでも主張できると思っていませんか?

しかし、それは大きな間違いです。

私は、エビデンス至上主義は精神医学だけでなく、今のワクチンの問題や学校現場でも起きていると考えています。エビデンス至上主義とは、証拠や根拠、データがあれば何でもかんでも主張できるという考え方です。証拠が残らなければ、何をやっても許されるという考え方です。このような考え方は、現代社会において多くの問題を引き起こしています。

エビデンス至上主義の問題点の一つは、目に見えない価値や感情を無視することです。これまでの画一的な教育で育った人々は「平等」「努力すれば願いが叶う」「学力やIQ、偏差値」の目に見える物質的な評価基準で評価される時代でした。しかし、それは「眼に見えることが重要」とされ、お金や財産を持つ人が強いという錯覚の時代でもありました。現代社会は「自由」「公平」「EQ」などの目に見えない価値が重視される時代に移行しています。しかし、エビデンス至上主義は、学力やIQ、目に見えるものやデータやエビデンスでしか評価できないという思い込みを持っています。これは、人間の多様性や個性、感情や経験などを無視することになります。

エビデンス至上主義の問題点のもう一つは、科学的な根拠や論理性を欠くことです。エビデンス至上主義は、証拠や根拠、データがあれば何でもかんでも主張できるという考え方ですが、その証拠や根拠、データが本当に正しいかどうか、どのように収集されたかどうか、どのように解釈されたかどうかなどを検証することを怠ります。また、証拠や根拠、データがないことを理由に、他者の意見や主張を否定したり、無視したりします。これは、科学的な根拠や論理性を欠くことになります。

エビデンス至上主義の問題点を具体例で示すと、以下のようなものがあります。

• 精神医学では、エビデンス至上主義は、薬物療法や電気けいれん療法などの生物学的な治療法を優先し、心理療法やカウンセリングなどの心理的な治療法を軽視する傾向があります。これは、生物学的な治療法には目に見える証拠や根拠、データがあると考えられるのに対し、心理的な治療法には目に見えない価値や感情が関わると考えられるからです。しかし、これは、精神障害の原因や症状には、生物学的な要因だけでなく、心理的な要因や社会的な要因も影響するという事実を無視することになります。

• ワクチンの問題では、エビデンス至上主義は、ワクチンの有効性や安全性に関する証拠や根拠、データを盲信し、ワクチンの副作用や危険性に関する証拠や根拠、データを無視する傾向があります。これは、ワクチンの有効性や安全性に関する証拠や根拠、データが科学的に正しいと考えられるのに対し、ワクチンの副作用や危険性に関する証拠や根拠、データが科学的に不正確だと考えられるからです。しかし、これは、ワクチンの有効性や安全性に関する証拠や根拠、データも、ワクチンの副作用や危険性に関する証拠や根拠、データも、どちらも不完全で不確実であるという事実を無視することになります。

• 学校現場では、エビデンス至上主義は、学力やIQ、偏差値などの目に見える評価基準で生徒や教師を評価し、EQやクリエイティビティなどの目に見えない価値を軽視する傾向があります。これは、学力やIQ、偏差値などの目に見える評価基準には目に見える証拠や根拠、データがあると考えられるのに対し、EQやクリエイティビティなどの目に見えない価値には目に見えない証拠や根拠、データがないと考えられるからです。しかし、これは、学力やIQ、偏差値などの目に見える評価基準だけでなく、EQやクリエイティビティなどの目に見えない価値も、現代社会において重要な能力であるという事実を無視することになります。

以上のように、エビデンス至上主義は精神医学だけでなく、今のワクチンの問題や学校現場でも起きていると考えています。エビデンス至上主義は、目に見えない価値や感情を無視することや、科学的な根拠や論理性を欠くことによって、現代社会において多くの問題を引き起こしています。私は、エビデンス至上主義を見直し、目に見えるものやデータやエビデンスだけでなく、目に見えないものや価値や感情も尊重することが必要だと思います。また、証拠や根拠、データを用いるときには、その正確性や信頼性や意味を検証し、他者の意見や主張を尊重し、対話することが必要だと思います。

私は、物質的な「目に見えるもの」「お金」「学力」「偏差値」「データ」などでしか捉えられない、今の教育や社会の風潮を疑問に感じてます。

そして、今を生きる人々に「間違えるな、失敗しろ」「考えるな、感じろ」という言葉を贈りたい。

地政学についての備忘録

f:id:tanakh321:20231115100425j:image

地政学初学者ですが、

地政学についての備忘録です。

引用元を忘れたものもあります。スマホに溜まってたメモ帳からの転載です。

地政学について
 地理的な環境が国家に与える政治的(主に国際政治)、軍事的、経済的な影響を、マクロ的な視点で研究するもの
 世界は広いように見えて重要な交通路や海路は限定されており、まずはその地点を覚えて行くのが始まり

〇今回の単語
・シーパワー
 国家が海洋を支配し、活用する能力の総称である。海運や海洋資源など
ランドパワー
 国家が保有する陸地を利用する能力の総称である。陸運と鉱物資源など
シーレーン
 国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路のこと

世界の要所
パナマ運河(シーレーンの要所)
海運に置いて非常に重要な場所となっており、通航すると安く貿易ができます。
代表的なチョークポイントになります。
https://trafficnews.jp/post/69875

南シナ海(マラッカ海峡など)
中国と日本のシーレーンの要所となっている地域
米中の覇権争いで火種を抱える
https://cutt.ly/1jBGqSf

〇ホルムズ海峡
世界の石油供給の2割がホルムズ海峡経由
https://news.yahoo.co.jp/byline/kosugetsutomu/20190721-00135067/

■戦略論の前提
戦争は無益であり、外交のもっとも避けるべき手段である

■ロシア
まず始めにロシアにとってウクライナが文化的、地理的にみて如何に大事な地域かを述べておきたい。
9世紀のキエフ大公国ウクライナとロシアの文化的な祖先と言われ、キーフは「ロシアの都市の母」とされており日本でいう京都のような存在である。
そして17世紀のピョートル一世は偉大なロシア帝国の始まりと言われている。
海路を征するものは世界を征する、黒海周辺を支配下に治めるため彼もまたアゾフへと攻め込んだのだった
彼らがなぜ黒海周辺にこだわるのかというと石油やガス、鉄鉱石など豊富な資源を産出し、欧州や中東、アフリカ大陸と交易可能な不凍港であるだけでなく、チョークポイントに影響を与えられるためである。

次は国際関係に目を向けてみよう
NATOはじりじりと東進を進め、ついにウクライナに手を伸ばしてきた、かって東進は行わないと約束したにも関わらずだ
欧州とロシアの板挟みとなったウクライナブダペスト覚書により安全保障を約束されたはずであるもののNATOへの加入を検討していた
そして中東の石油に対してロシアの石油は安く買いたたかれ、ウクライナはガス料金の踏み倒しを行っており
東部では紛争が絶え間なく発生し既に火種はまかれていた

じつはロシアのライバルは中国なのかもしれない
近年、経済的、軍事的にめざましく発展した同じ共産主義をめざす社会主義国家として中国がある
中国が発展していないのであれば社会体制の問題だと言い訳もつく、しかし現実は無情でありロシアだけが先進国の座から落ちようとしている。
偉大なロシア帝国を取り戻すそのために重要地域の黒海を手放すわけにはいかない、妻にも離婚されたプーチンは徐々に追い詰められていた。

さて戦術についてプーチン大統領が情報部出身であることは有名だが、そのためか戦術にも特殊部隊を活かしたものが多い、2014年にクリミア半島を収奪した戦術はハイブリッド戦として広く世界に喧伝された
しかしそれが過ちの始まりであったのかもしれない指揮官としては戦果の大きかった戦術を使用したい気持ちはわかるものの、それはNATOに読まれていた。
優れた策であろうとも事前に読まれれば脆い、初戦の首都空港強襲がその筋では有名だが、その後は泥沼で第二次世界大戦とも揶揄される戦車と砲兵中心の戦いが行われ、そして塹壕戦となり、最後には民間人を動員した人海戦術が行われている

ウクライナ
う~ん、なんかめっちゃつよい

準備を8年もしていて陣地構築していたし外交もうまく援助を呼び込めた、もししたらゼレンスキーの芸で外交を成功させたのかも
初戦の電撃戦をいなし、戦史に残ると言われる機甲戦術を使用し、特殊部隊の浸透戦術だけでなく、ドローンによる偵察と砲撃を組み合わせた戦術を戦っている間に進化した。

このほかにサイバー戦や経済戦、半導体の規制によるサプライチェーン戦など番外戦術もあるよ!

■戦術基礎
イラストで学ぶ用兵思想
https://bookmeter.com/books/20334037

■軍事入門
https://ja.m.wikibooks.org/wiki/%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E5%85%A5%E9%96%80

■情報戦基礎
140字の戦争 SNSが戦場を変えた
https://g.co/kgs/jvBefj

■電子戦基礎
軍事とIT
https://news.mynavi.jp/techplus/series/military_it/

地政学の基礎
海上権力史論
https://www.sankei.com/article/20221127-NTWJSP7LGROYDJL6TPM62AK7ZQ/

核戦略について
正しい核戦略とは何か
https://keisobiblio.com/2022/07/26/atogakitachiyomi_tadashiikakusenryaku/

■サイバー戦基礎
情報セキュリティの敗北史
https://www.hakuyo-sha.co.jp/science/security/

◾️地政学者 

奥山

https://www.1242.com/asanav/asanav_blog/20210723-258100/

武内和人

https://note.com/takeuchi_kazuto

◾️学説紹介

http://militarywardiplomacy.blogspot.com/2016/10/blog-post_44.html?m=1

◾️世界の核事情

f:id:tanakh321:20231115102002j:image

◾️本

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BBT%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%B3/dp/4562041641/ref=mp_s_a_1_1?crid=39DG18LFOXQTB&keywords=%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E5%8F%B2%E8%AB%96%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%B3&qid=1636204678&sprefix=%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E5%8F%B2&sr=8-1
#本

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BBJ-%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/4829504226/ref=mp_s_a_1_1?crid=3LDOANCRL0SFF&keywords=%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AE%E5%9C%B0%E6%94%BF%E5%AD%A6&qid=1636204614&sprefix=%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AE&sr=8-1
#本

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%9C%B0%E6%94%BF%E5%AD%A6%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%90%86%E6%83%B3%E3%81%A8%E7%8F%BE%E5%AE%9F-%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC/dp/456204182X
#本

◾️世界物流

https://youtu.be/M4m9Wg1P7mk

f:id:tanakh321:20231115101009j:image

◾️軍隊の動き方

http://warhistory-quest.blog.jp/18-Feb-11?ref=head_btn_prev&id=7863326

◾️NHK時事公論

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/

◾️ニュースサイト

時事通信
https://www.jiji.com/sp/

NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/cat06.html

産経新聞
https://www.sankei.com/world/

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/

東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/n/world?ref=gnb_sp_lv1

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/m/

中央日報
https://s.japanese.joins.com/

東亜日報
https://www.donga.com/jp

ハンギョレ
http://japan.hani.co.kr/arti/international/

 

社会的知性とは?②

社会的知性とは?の続きです。

https://adhdmanm.hatenablog.com/entry/2023/11/13/150447

 社会的知性とは、社会生活において、自分や他者の感情や思考を理解し、適切にコミュニケーションをとる能力のことです。社会的知性が高い人は、対人関係やチームワークにおいて、協調性や柔軟性を発揮し、問題解決や目標達成に貢献できます。社会的知性は、学校や職場だけでなく、日常生活や趣味などのさまざまな場面で必要とされる能力です。

     社会的知性は、思考→言語化→アウトプット(言語+非言語)→人の心を動かす(感動)→人を動かすというプロセスを通して発揮されます。思考とは、自分の考えや感情を客観的に分析し、他者の考えや感情を理解しようとすることです。言語化とは、自分の考えや感情を言葉にすることです。アウトプット(言語+非言語)とは、自分の考えや感情を伝えることです。人の心を動かす(感動)とは、自分の考えや感情に共感や感動を与えることです。人を動かすとは、自分の考えや感情に基づいて他者の行動を促すことです。

     社会的知性の具体例としては、以下のようなものがあります。

• 仕事でプレゼンテーションをするときには、

自分の考えや提案を明確に言語化し、聞き手の興味やニーズに応えるようにアウトプットすることが必要です。また、聞き手の反応や質問に対して、共感や説得力を持って対応することが必要です。これらのことは、社会的知性の高さを示すものです。

• 友人や家族と話すときには、

相手の話を傾聴し、相手の気持ちや考えを理解しようとすることが必要です。また、自分の話をするときには、相手に共感や感動を与えるように話すことが必要です。これらのことは、社会的知性の高さを示すものです。

• 趣味やスポーツなどでチームを組むときには、

チームメンバーの個性や能力を尊重し、協力し合うことが必要です。また、チームの目標や方針に沿って、自分の役割を果たすことが必要です。これらのことは、社会的知性の高さを示すものです。

     社会的知性は、人間関係の糊のようなものです。人間関係の糊とは、人と人とを結びつけるものです。社会的知性が高い人は、人間関係の糊として、自分や他者の感情や思考を理解し、適切にコミュニケーションをとることができます。社会的知性が低い人は、人間関係の糊として、自分や他者の感情や思考を無視し、不適切にコミュニケーションをとることがあります。社会的知性が高い人は、人間関係の糊として、人と人との間に信頼や協力や共感を生み出すことができます。社会的知性が低い人は、人間関係の糊として、人と人との間に不信や対立や無関心を生み出すことがあります。  

       社会的知性とは、社会生活において、自分や他者の感情や思考を理解し、適切にコミュニケーションをとる能力のことです。社会的知性が高い人は、対人関係やチームワークにおいて、協調性や柔軟性を発揮し、問題解決や目標達成に貢献できます。社会的知性は、思考→言語化→アウトプット(言語+非言語)→人の心を動かす(感動)→人を動かすというプロセスを通して発揮されます。社会的知性は、人間関係の糊のようなもので、人と人とを結びつけるものです。社会的知性は、学校や職場だけでなく、日常生活や趣味などのさまざまな場面で必要とされる能力です。